看護学校に編入するには

看護学校の編入について

看護系大学を目指していたが、学力や費用の面で諦めてしまった。看護学校に入学したが、やはり大学で勉強したい……そう考える人は、少なくありません。
 1998年に学校教育法が一部改正され、専門学校を修了した人が、取得した単位を大学の単位として認めてもらうことで大学に編入学できるようになりました。現在では、4年制大学の看護学部の多くが、専門学校卒業者向けに編入学制度を設けています。
 大学に編入する条件のひとつに、専門学校や短期大学または高等専門学校を卒業していること、という条件があります。ただし、注意すべき点があります。専門学校の中には、専修学校として認定されていない学校もあるのです。編入学を検討している人は、まずは出身校が条件にあっているかどうかを確認しましょう。
 この制度によって、様々な理由で大学進学を諦めて専門学校へ入学した人にも、大学の看護学部に3年次に編入するという道が開けました。また、大学に編入して卒業することで学士の称号を得ることができ、将来のキャリアアップのためにも役立ちます。その他にも、看護についてより詳しく勉強したい人や、実習を通して看護の現実に触れて疲れてしまい、辞めたくはないけれど自分の生き方を見つめなおしたい……という人が編入することもあります。
 編入学試験では、看護学、小論文、面接が課される大学がほとんどです。英語が加わる場合もありますが、それでも一般入試で大学に入るよりも科目は格段に少ないため、難易度は低いといえます。看護学の復習や、編入先の小論文の出題傾向などについても対策しておきましょう。また、看護大学編入に特化した予備校もあります。模擬試験を実施しているところもありますので、利用してみるのも良いかもしれません。看護大学の編入枠は10〜20人程度というところが多く、倍率は例年3〜5倍とされています。簡単ではありませんが、一般入試で入学することに比べると倍率は低いといえます。看護専門学校の場合過去問が大事になってきます。公開しれている学校はいいですが公開していな学校も多いのでまずは調べて自分が受ける学校がどうなのかを調べましょう。准看護学校の場合も看護専門学校と同じく過去問が大事でしょう。看護師になるにための参考サイトはココが良いでしょう。准看護師のサイトは准看護師になるにはサイトがいいでしょう。